2018年 7月 23日 (月)

堤真一主演のNHKドラマ「とんび」モンテカルロ・テレビ祭で最優秀賞

印刷

   世界4大映像祭の1つ「モンテカルロ・テレビ祭」で、今年(2012年)1月に放送されたNHKのドラマ「とんび」がミニシリーズドラマ部門で最優秀作品賞に選ばれた。堤真一が主演で、不器用な父親が幼い息子をひとりで育てていく苦労と喜びを描いた。また、昨年10月にTBS系で放送された「初秋」(中部日本放送制作)の原田真人監督が、テレビ映画部門の最優秀監督賞を受賞した。

   モンテカルロ・テレビ祭はモナコ公国が主催しているコンクールで、毎年、優れたテレビ番組を表彰している。昨年はTBSドラマ「塀の中の中学校」が受賞している。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中