きゃりーぱみゅぱみゅ、舞台衣装の不備を謝罪 「関ジャニの顔が隠れてすいません」

印刷

   モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが6月15日(2012年)放送の「ミュージックステーション(Mステ)」(テレ朝)出演の際に、自分の衣装で背後に座っていた関ジャニ∞が隠れてしまったことを関ジャニ∞のファンにツイッターで謝罪した。

   関ジャニ∞ファンと見られるユーザーから、Mステ放送後に寄せられた「あなたのりぼんでかすぎちゃいます?関ジャニ∞の顔みえませんよ。目立つんはいいけど人様の迷惑考えなさい」というツイートに対して同日中に「すいませんでした( ; ; )」と返信、つづけて「今後アーティストさんがたくさん出演するTV番組には衣装にも気を使おうと思った」、「今度は細かいとこまで計算してデザインしよう」などと反省をつづった。

   Mステに登場した際のきゃりーは、頭に顔の3倍以上はある大きなリボンをつけていた。「 関ジャニさんには本番前に『リボンでか過ぎてかぶってしまいそうなんですけど本当にすいません』とあらかじめ謝りました」とも説明していたが、このツイートは現在削除されている。 

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中