2018年 7月 22日 (日)

試合速報より盛り上がる加藤シルビアのポーランド語絶叫!サッカー 「ユーロ2012」

印刷

   TBSが中継しているサッカー 「ユーロ2012」の「朝ズバッ!」特設コーナーを盛り上げているのが、ポーランド系の加藤シルビア・アナが叫ぶポーランド語だ。大会はポーランドとウクライナの共同開催だが、第1戦にポーランドが登場して以来シルビアは叫び続けていた。スポーツ担当は高畑百合子アナなのだけれど、シルビアはこれを完全に食っちゃった。

ビデオ見ているうちに興奮―ポーランド人の母親の血か!

   残念ながらポーランドは早々と予選敗退が決まってしまったが、司会のみのもんたも解説の水沼貴史(サッカーもと日本代表)も、加藤のポーランド語絶叫に毎朝笑い転げていた。いつも辛口の三屋裕子(スポーツプロデューサー)も「これが始まってからのシルビアのキャラ、好きよ」という。

そのキャラ好きよ

   けさ(2012年6月19日)の試合はグループC。高畑が「このグループではどこを?」と聞くと、加藤は「クロアチアを応援してます。ポーランドより東の国になぜかすごく親近感があります」。これは日本語だったが、ポーランド人の母親の血なのか、しゃべっているうちに熱くなる度合いが、何事にも熱くなりきれない日本人とはやっぱり違う。試合のビデオが流れている途中でも、水沼が「皆さんのリアクションが面白い」と言っていたのも、それかもしれない。

Dグループでは「ウクライナ応援します」

   この日は、「イタリア2-0アイルランド」「スペイン1-0クロアチア」で、シルビアのクロアチアは敗退となった。クロアチアは勝がトップで予選通過だっただけに、「悔しいですね。あれだけトライしたんですけど、(スペインの)キーパーがすごかったですね」(加藤)

   予選の最後はDグループは「イングランド対ウクライナ」「フランス対スウェーデン」で、加藤は開催国のウクライナを応援するというが、目下ウクライナは3位。相手のイングランドは出場停止だったルーニーが復帰する。形勢は良くない。そこで、順位表を持った加藤がまた、ポーランド語でひとこと叫んだ。何を言ったのかと思ったら、「すいません、ウクライナ語はしゃべれません」だと。(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中