2018年 7月 19日 (木)

ソーシャルゲーム「年齢ごとに上限額」生年月日ごまかしで簡単クリア

印刷

   先頃、射幸心を煽るとされたコンプガチャで話題を集めたソーシャルゲーム。コンプガチャは実質禁止されたが、一般的なアイテム課金システムなどは依然、健在であり、子どもが親に内緒でケータイ課金ゲームに親の金をつぎこめてしまう問題も解決していないようだ。

止めたくても止められない落とし穴

   ネット依存を扱う専門医療機関の臨床心理士は「2万円、3万円使ってしまったという中高生が多く、なかには1か月で30万円使ったケースもある」と言う。ゲームをやめたくても、アイテムをたくさん買っていたり、ゲーム内に高額の貯金があったりすると、それらが全部を無に帰すことに耐えられず、ゲームに引き戻されてしまうという。金銭面以外でも、昼夜逆転で夜遅くまで起きていて学校に行けなかったり、家庭内暴力などの問題も起きてくるという。

気持ち悪い国

   子どもの高額課金を防止するために、ゲーム会社のなかには、年齢ごとに利用可能な上限額を設けているところもあるが、子どもがゲームに登録する際に生年月日を誤魔かせば、こうした制限はクリアできてしまう。

   コメンテイターのテリー伊藤は「子どもたちがウチん中でゲームを夜一人でずっとやってる」ことに嫌悪の表情を見せ、このままではニッポンが「気持ち悪い国」になると危機感をあらわにした。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中