やり過ぎでしょ!清潔モットーのサラリーマン 仕事よりそっち命でも「会社の星」かい?

印刷

めざせ!会社の星(NHK6月23日11時45分)>ジャンルとしては「仕事応援バラエティ」らしい。あした職場で使えるスゴ技や豆知識などをサクッと25分で頭に入れちゃおうという番組である。もちろん対象はビジネスマンで、司会のアンジャッシュのスーツ姿からも自己啓発書的なテレビ番組かと思っていたが、コレがなんとも言い難い「ツッコミ待ち」感にあふれていた。

   この日のテーマは「見た目を変えれば仕事もデキる!?5つの極意」。大きく分けると、清潔感が売りの敏腕営業マンの1日密着と、非オシャレ営業マンの変身プロジェクトの2本立てだ。そこに、イメージコンサルタントなるおばさまがちょいちょい豆知識を挟み込む。

肌ケア、起き抜けシャワー30分、洗顔料・ボディソープ3種類、化粧水・乳液、香水…

   とにかく、清潔感命の敏腕営業マンは強烈だった。人の印象は会って3秒で決まる。ならば見た目を清潔にして好印象を与えることが大切という理屈はよーくわかる。わかるんだけど、ちょっと度を超してやいませんか。寝る前にスチーマーで肌ケアは当たり前。起き抜けのシャワーは30分。その日の肌コンディションに合わせて使い分けるために、洗顔料とボディソープのセット3パターン常備。風呂上りには化粧水と乳液でケアをしっかり。忘れちゃいけないのは香水をひと拭きって…、女子なのかと詰め寄りたい気持ちでいっぱいです。

   さらに、洋酒の輸入会社にお勤めという彼、レストランでの商談の前に車内でもう1度香水をプッシュって、違和感を覚える。ワインとかシャンパンとか、微妙な香りが大切な職場のはずですよね。スタジオの辺見えみりの引き笑いがすべてを物語っていた。

   その清潔過剰営業マンが鮮烈すぎたせいか、「いつも同じ服営業マン」の変身プロジェクトはとても心穏やかに見られた。変身プロジェクトというと、おしゃれよりも2ステップほど奇抜な方向に対象者をいざなうファッションリーダーが多い中、イメージコンサルタントのおばさまが進めるお洋服は結構定番。ジャケットは買い足すなら紺、シャツは白地に細い青ストライプが使いやすい。ネクタイはビジネスシーンによって色で遊びましょうと、とても良心的です。だから正直、「大変身ですね」というインパクトはない。なんか「ちょっとさわやかかも」くらい。でもリアルで使えるのは、照れずに取り入れられるくらいのこういうアドバイスなんです。おばさま、番組の良心に認定したい。

自己満おしゃれのナルシスト系男子

   そのほか、目力アップの視線術(全員が不自然に目を見開いていて怖かった)、クールビズ対策(またもおばさまのちょい足しが炸裂)の小ネタも込みの25分。結構みっちみちに詰まってます。変身後の姿じらしもなく、サクサク進む。いやぁ、イマドキのサラリーマンってすごい。気にする人はここまで気にするのね。

   もちろん、清潔感がないのは命とりです。ただ、スタジオで紹介された清潔系サラリーマンたちのサロンネイルやエステでのケアなんかは、「清潔感を出して仕事をうまく進めるため」という目的をはずれているように見える。一歩間違えば、「ナルシスト系男子」ですぜ。

   清潔とおしゃれは必ずしも一致しないと思うのだけど、どうなの?執拗な香水プッシュって、モテるためにしているという方が自然だと思うのは、私がひねくれてるのかい。うう、むずむず。

   男の子の「自己満おしゃれ」なんか女子会の議題にできそうだな。でもその「自称おしゃれ」男子から見たら、女子のほとんどは美意識が低すぎるわけで、どんな風に思われているのか怖すぎる。社会には私の知らない人種がいっぱいいるんだね…とか言いつつ来週も見てしまいそう。

(ばんぶぅ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中