キム・ヨナ「ソチ冬季五輪まで引退延ばします」タレント転身より競技選択

印刷

   五輪といっても、ロンドン五輪ではない。少し先のソチ冬季五輪の話題だ。フィギュアスケートの女王、韓国のキム・ヨナがきのう2日(2012年7月)、緊急記者会見して、2014年のソチ冬季五輪まで現役を続けること明らかにした。2010年のバンクーバー五輪で歴代最高得点を出して金メダルに輝いたあと、ここ1年は大きな大会に出場せず、引退もうわさされていた。

「バンクーバー金メダルで新たな目標失っていた」

   会見でキム・ヨナが語ったのは女王ゆえの苦しみだった。バンクーバーで金メダルを獲得したあと、より大きな目標を見出せない半面、国民の関心と期待が大きなプレッシャーとなり、そこから逃れたいと思いながら悩んだという。だが、自分のための演技を披露することを目標にすればいいのではと思うようになり、「選手生活の終着駅をソチ五輪にまで延長して、有終の美を飾るため新たな気持ちで出発しようと思います」と語った。

一度頂点に立つと・・・
一度頂点に立つと・・・

   フィギュアスケート解説者の佐野稔は「1度オリンピックで金メダルをとってしまうと、次にもう1回やろうという人は今いない。もう1回やろうと思ったことはすごいことだと思う」という。だが、すぐに復帰が可能かどうか。佐野は「ジュニア時代まで技術が落ちていることはありえない」という。

浅田真央ら日本勢との好勝負期待

   司会の羽鳥慎一がスピードスケート金メダリストの清水宏保に「金メダルをとった後はやはり大変ですか」と、清水自身の体験も含めて聞いたが、清水は自分のことには触れず、「メダルを取った後も相当プレッシャーがあると思いますね。彼女の中で、韓国の国旗を背負ってやっていくか、それともタレントとしてやっていくか葛藤があったようです。結局、韓国国民の娘、妹としての選手を選択したのでしょう。それは間違っていなかったと思います」

   司会の赤江珠緒「頂点に立った人がモチベーションを維持するのは大変ですよね」 清水「ただ、同じ金メダルを狙っていくのではなく、別の付加価値を付けて狙っていけば、また質の高いオリンピックになります。彼女自身が付加価値を付けていけばいいのではないでしょうか」

   新たな決意で五輪に臨むキム・ヨナと浅田真央ら日本勢との好勝負を期待したいものだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中