テレビ朝日「初の視聴率3冠」やっと日テレ・フジに一矢

印刷

   4月第1週から6月第4週までの「4月クール」で、テレビ朝日が初めて「3冠」となった。全日(午前6時~深夜0時)の平均視聴率が7・9%、ゴールデンタイム(午後7時~10時)が同12・3%、プライムタイム(午後7時~11時)が同12・7%で、いずれもトップだった。これまで日本テレビとフジテレビが激しい視聴率争いをしていて、テレ朝の3冠は1959年の開局以来だ。

   連続ドラマはいずれもひとケタ台と低調だったが、サッカーW杯アジア最終予選「日本VSオーストラリア」(6月12日)の中継放送、「報道ステーション」やバラエティーが好調だった。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中