2018年 7月 22日 (日)

スギちゃんのギャグ英語問題に「『俺はワイルドだぜぇ~』を英訳せよ」

印刷

   「ワイルドだろ~」「だぜぇ~」などのギャグで人気のお笑いタレントのスギちゃん(38)が7月9日(2012年)、英語の授業で使われるプリントに自分のギャグが問題文として採用されたとブログで紹介した。

   「be 動詞の文のつくりを確認しよう」と題がついた英語のプリントで、後輩から送られ、実際にどこかの学校で使用されているという。英語の問題は「俺はワイルドだぜぇ。」の日本語に対応するように、Iとwildの間にある空欄にbe動詞を入れて回答するもの。他にも「俺はワイルドではないぜぇ。」と否定文を作らせる問題や、「君はワイルドかい?」の疑問文にYesとNoの双方で答える問題もある。

   スギちゃんは「こんなに嬉しい事はないよねだぜぇ 答えは全くわからないけどだぜぇ 楽しい先生、一杯居そうですねだぜぇ ワイルドだねぇ~」と喜んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中