2018年 6月 21日 (木)

板東英二「相撲もプロ野球もテレビの方が臨場感あるからなあ。客が足運ばない」

印刷

   元プロ野球選手でタレントの板東英二が7月15日(2012年)、名古屋に行きプロ野球と相撲の観戦をしたとブログで伝えた。

   どちらの客席も大入りだったが、高年齢者がほとんどで、「相撲もいろんな問題がありファン離れが激しいがプロ野球もこの先大変」と心配している。「高い入場料を払って来るよりテレビの方が臨場感が伝わる」と問題点も指摘している。「どうしたもんか」と言いながら、「モバゲーのわからない年齢はグチるばかりです」と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中