橋下市長 女房に許してもらえず?会見で「家庭内のことですから」15連発

印刷

   「家でものすごいペナルティーが待っていますから…」。18日(2012年7月)の不倫問題緊急会見で、笑みを浮かべながらこう語った橋下徹大阪市長だったが、さて、帰宅後に妻のすごいペナルティーはどんなだったのか。

   一夜明けた19日夕の2回目の会見では、記者の質問に「家庭内のことですから」を15回も連発、前日の笑顔が一転、意気消沈した表情からかなりとっちめられてことがうかがえる。

「最低の夫、最低の父親です。きのうは謝り続けたんですが…」

   橋下市長が大阪・北新地の高級クラブに勤める女性と不倫をしていた2006年は、6番目の3女が生まれた年で、翌年には7番目の子どもを授かった。まあ、子作りの真っ最中でもあったわけだ。

言葉の使い方うまい

   橋下は前夜の様子をこう説明した。「まだ話し合いがすべて終わっていませんのでね、妻にきのうは謝り続けたんですが、なかなか…。妻も大ショックでしょうから、まだきちんと話ができていない」

―かなり怒っているのですか。

「それは怒ります。ボクを全面的に信頼してやってくれていたわけですし、子どもを7人も育てるのに大変な状況ですから。妻にとっては最低の夫かもしれないし、子どもにとってもこれほど最低の父親はなしでしょう」

―ペナルティーは?

「それは家庭内のことですから」

―奥さんや子どもさんからの言葉はありましたか。

「家庭内のことですから」

―土下座は?

「家庭内のことですから」

―修羅場は?

「家庭内のことですから」

大阪・主婦「半殺しですね」「しばいてやります」「胸倉つかんでバス~ン」

   「とくダネ!」は「夫がもし不倫したらどうしますか」と東京と大阪の主婦に聞いて回った。返ってきた答えは東京が「もう帰ってこなくていい」「即離婚」「まぁ、高価な物でも買ってもらうかな」。大阪は「家で半殺しですね」「しばいてやります」「胸倉つかんでバス~ンとやるか」。大阪の主婦の話は過激だが、笑っているところを見ると「あほか!」と半ば許しているのかもしれない。

   キャスターの小倉智昭「さすが弁護士、言葉の使い方がうまい。『家庭内のことですから』。これ使わせてもらいます。でも、数年前のことを相手の女性が話さなければ、この話は出てこないのに」

   タレントのピーコも「ラブアフェアをやったと必ずベラベラしゃべる人がいる。何か得するのかな。記事読んですごくリアルなの。自分のことも貶めているのではないかと思うんですが…」と相手の女性の方に不愉快そうだ。それが判断できるならマスコミに喋りはしないだろう。つまりバカと不倫をした橋下がバカだった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中