サッカー男子のFW永井「あまりの速さ疑われドーピング検査された」

印刷

   1次リーグ初戦でスペインを破ったサッカー男子U-23日本代表のFW永井謙佑が、試合でのあまりの俊足にドーピングを疑われていたことが7月26日(2012年)わかった。

   オーバーエージ枠の主将DF吉田麻也は試合終了後、ブログに「グラスゴーの奇跡とは言わせない」というタイトルの記事を投稿した。永井を「本当によく走ってました。しかも速い!そして…寝るのも早い。」と写真で紹介、「試合後、あまりの速さを疑われたのか、ドーピング検査の対象になりだいぶ遅くにホテルに帰ってきました。」と伝えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中