ポール・マッカートニー五輪開会式「プレイバックやめて、生、生、生でやった!」

印刷

   ロンドンオリンピック開会式のフィナーレで元ビートルズのポール・マッカートニーが「ヘイ・ジュード」を歌い始めたとき、音が二重に流れるトラブルが発生した。このことについてポールは7月27日(2012年)のツイッターで触れている。

「プレイバックでやるかもしれないという話もあったけど、私たちはそれに逆らうことにして生、生、生でやったんだ!」

   ポールが歌い始めた直後にあらかじめ録音されていたと思われる音源も流れ、二重に音が聞こえていたが、その後は生演奏のみに一本化されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中