卓球・石川佳純 初のベスト4!強さの秘密は「ミスしてもすぐ解決」

印刷

   卓球女子シングルスの石川佳純(19)が善戦している。準々決勝でシンガポールのワン・ユエグを破っての4強入は、男女通して五輪卓球シングルで初の快挙だ。しかし、中国の壁は厚い。日本時間1日(2012年8月)午前1時から始まった準決勝では、1ゲームを奪ったものの中国のリ・ギョウカに力及ばず敗退した。

   石川が尊敬する福原愛(23)も準々決勝で、世界ランキング1位の中国テイ・ネイにストレート負け。中国の強さを改めて思い知らされた。

今夜3位決定戦「自信持って戦いたい」

   ただ、石川はまだメダル獲得のチャンスが残っている。1日午後10時半から始まる3位決定戦だ。対戦相手はシンガポールのフォン・ティエンウェイで世界ランキング8位。6位の石川とほぼ互角だ。石川は「(準々決勝で)負けはしましたけど、もっと戦えるという自信になったし、ティエンウェイ選手とは自信を持って戦いたい」と話している。福原にも団体戦でのメダル獲得が残っている。

テニスと似てる

   キャスターのテリー伊藤「テニスと似ていますね」と言われたプロテニスプレーヤーの杉山愛が、「石川選手の判断力は素晴らしい。ミスしてもすぐ解決し、これでいいんだ、いいんだと頷いて切り替えがとても上手ですね」とほめる。

   中国打倒にはもうひと押しだが、トップの座を脅かす存在に近づきつつある。その証しを残りの試合で見せて欲しい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中