内村航平やっと目が覚めて「個人総合で金」!F難度抜いてノーミス

印刷

   体操の内村航平(23)が個人総合で金メダルを獲った。ロス五輪の具志堅幸司以来28年ぶりだ。北京では銀に甘んじ、その後は世界選手権で個人総合3連覇。しかし、このオリンピックでは前半は落下や着地ミスが目立っていた。

日本で応援のおばあちゃん「鉄棒で落ちなくてよかった」

   内村は「表彰台に上がったら夢かと思いました。やっとここまできた。いろんなものがこみあげてきて…。ただただ、ありがとうと」と話す。会場で旗を振っていた母の周子さんの言葉がよかった。「私は生んだだけですから」。日本で見ていた祖母の小川彰子さんも「鉄棒で落ちなくてよかった」だって。これもよかったな。

魔物が…

   まあ、団体ではちょっと歯車が噛み合わなかった。内村も「後味が悪い」といったほどだ。個人総合も予選は9位だったのだから、まさに目が覚めたとしかいいようがない。 苦手のあん馬を無難にこなすと、一気に走った。跳馬と鉄棒では完璧な着地。他を寄せ付けなかった。

   記者から「鉄棒で(F難度のコールマンを)抜きましたね」と聞かれ、「抜きました。攻めていくべきところですが、 魔物に食われそうになったので、抜いて正解だったのかなと」と冷静だった。「自分らしさを取り戻した」ともいった。少し前は「練習に裏切られた」なんていっていたのに。

競技前に見せてた自信「あん馬で成功すればいける」

   解説で池谷幸雄(ソウル五輪、バルセロナ五輪メダリスト)が登場した。開口一番、「本当にありがとうございました」と頭を下げた。「やってくれました。計画通り」という。「あん馬で成功すればいけます」と本人は言っていたそうだ。池谷は「心と体のバランスがよくなった。6種目全部でスペシャリスト的な強さを持ってる選手は他にいない」と、残る種目別での活躍も期待する。

   司会の羽鳥慎一「魔物が…といってましたね」

   池谷「彼は技があって器用だし美しい体操をする。お父さんが体操選手でお母さんがクラッシックバレエなんですね。だから美しい」

   池谷によると、内村はマイペースで、どこでも寝るし食べ物も気にしない性格だという。それでも乱れたのは、「やっぱりオリンピックなんだなとおもいましたよ」

   種目別は3日の休養のあとだ。他の選手にも頑張ってほしい。ところで、「モーニングバード!」は銀メダル、銅メダルが誰だったのかを伝えなかった。内村金メダルで興奮しているのはわかるが、一応は情報番組なんだから…。2位はドイツのグエン、3位はアメリカのリーバでした。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中