こんな学校つぶせ!いじめ被害生徒に「みんなが動揺するから退学してくれ」

印刷

   いじめ問題が全国的にクローズアップされるなか、仙台市の私立高校でも問題が発生していたことがわかった。2年生の生徒が同級生からタバコの火を腕に何か所も押しつけられる被害を受けたという。

   学校側もいじめについて認識していたというが、オドロキの対応策を取った。腕をヤケドした生徒に対して、「ヤケドの痕を見せてほかの生徒を動揺させた」ということで自主退学を求めたというのである。

「犯罪者が住んでるから、被害者は出てってくれと言うようなもの」

   この不可解判定には、このごろロンドン五輪における日本人選手の奮闘に目を細めてばかりの司会のみのもんたも、ひさびさに目尻を吊り上げて怒りだした。「お前いじめられたのか。みんなに言うなよ。学校辞めろって、そんな学校あんの?」

人権侵害

   コメンテイターの若狭勝弁護士も「ホントにとんでもないですね。明らかな人権侵害で、学校に対して損害賠償を起こすべき。犯罪者が住んでるから、被害者は出てってくれと言うようなものです」と憤慨する。みのは「損害賠償どころか、文科省が学校の認可取り消しだよ! ひどいな」とヒートアップしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中