男子サッカー大津祐樹「関塚監督に金メダルかけてあげたかったな」

印刷

   ロンドンオリンピックのサッカー男子準決勝でメキシコに1-3で負けた日本代表の選手たちが8月8日(2012年)のツイッターに試合の感想を書いている。

   前半12分に先制ゴールを決めた大津祐樹は「悔しい。 すみませんでした。金メダルが欲しかった。 関塚Japanでできるのは後1試合。ここまで選ばれなかった選手も含め全サポーター、日本の為にも最後まで全力で戦います。続けて応援よろしくお願いします。 関さんに金メダルかけてあげたかったな」。

   準々決勝で負った左太もものケガをおして出場した永井謙佑は、「悔しい!でも、前を向きます!四年前の屈辱をはらすときが来ました!これは神様のイタズラかな??かりをかえすためにやってきたし、また、チーム一丸となって、メダルを取りたいと思う!また、サポーターのみなさん力をかしてね 韓国だけには負けたくない!じゃ!」と3位決定戦で対戦する韓国への思いを語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中