ボクシング村田諒太プロ転向?「金メダルがゴールではない」

印刷

   五輪ボクシング男子ミドル級で、村田諒太が東京オリンピック以来48年ぶりの金メダルに輝いた。キャスターの笠井信輔は「ミドル級は世界でももっとも選手層が厚いクラスで、ここで金メダルを手にすることができたのは凄いこと」と話す。妻・佳子さんは「精神や肉体が上手くコントロールできないことが何回かありました。それを乗り越え、ここまで来られました」という。

高校時代の恩師「お前の拳には無限の可能性がある」

   榎並大二郎リポーターは「今回の勝利には2人の恩人がいました。1人は高校時代の恩師、武元前川先生です。武元先生は村田選手がボクシングを始めた頃から、お前の拳には無限の可能性があると話していたそうです」」という。高校時代のクラスメートは「あの当時から強いものがあった。僕たちは彼をジャイアント呼んでいて、冗談で素手でボディーブローを入れられたがかなり強烈でした」と話す。

プロ・アマ交流

   東京五輪のバンタム級金メダリスト桜井孝雄はかねがね「プロとアマの交流が必要。それがなければ日本ボクシングの底上げはできない」と主張していた。村田もプロ選手と打ち合うことで強くなっていった。村田自身も「アマがプロより下とは思っていない」と語る。

   笠井「こうしたプロ・アマ交流があったから勝てたのですね」

「メダルに負けない人生を送ることが自分の役目」

   コメンテーターのショーン川上(経営コンサルタント)「今回、村田選手は階級を上げて挑んだ。僕もキックボクシングを15年近くやっていたが、1階級上げるというのは大変なことなんです。それを克服しての金メダル。大きな意味がありますね」

   榎並「村田選手は金メダルがゴールではない、メダルを傷付けない、メダルに負けない人生を送ることが自分の役目と語っています」

   プロに転向して、今度はそっちの世界でチャンピオンになるということだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中