2018年 7月 18日 (水)

桐光学園・松井裕樹「68奪三振」で甲子園終わる!史上3位、1試合あたり断トツ

印刷

   ここまで3試合で53個の三振を奪って注目された桐光学園(神奈川)2年生の左腕、松井裕樹投手(16)は、20日(2012年8月)に行われた光星学院(青森)に3-0で敗れ、夏の甲子園を終えた。敗れはしたものの、松井はこの日も15三振を奪い、大会で奪った三振数は史上3位の68個を記録した。

江川卓「彼のスライダーは消える魔球」

   松井は身長174センチ、74キロで最高球速は147キロ。見かけはごく普通の投手だ。では、なぜ打者は打てないのか。春の甲子園で1試合20奪三振を記録したことがある江川卓(現野球解説者)は、松井の球は見えなくなる魔球のようだと次のように言う。

打者は振っちゃうよね
「スライダーという曲がるボールを投げるが、高校生が思っているより曲がりが激しい。相手のバッターがからすると、松井選手のボールが消えてしまうイメージだから、どうしようもない」

   1大会(6試合)の奪三振記録は、徳島商業のエースだった坂東英二(現タレント)の83個で、この記録こそ破れなかったが、6試合で54奪三振の記録を残した松坂大輔(現レッド・ソックス)や田中将大(現楽天)をはるかに超え、4試合68個の奪三振の記録を残した。1試合あたりにすれば、板東13・8個に対して、松井は17個と断トツだ。

ストレートと同じフォームで投球

   加藤浩次「ボクは野球はよく分からないけど、すごいですね」キャスターのテリー伊藤(タレント)「スライダーなのにストレートと同じ格好で投げるから、相手選手はストレートと思って振っちゃうんだよね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中