尖閣上陸の日本人どんな人たち?ウエットスーツに足ひれ準備

印刷

   尖閣諸島の魚釣島にきのう19日(2012年8月)早朝、10人の日本人が上陸した。うち5人は地方議員だったが、あとの5人は何者かよくわからない。「その一部始終をテレビ朝日のカメラが捉えています」というので、上陸したのかと思ったらさすがに違った。

   テレ朝はこの日早朝、海上で行なわれた慰霊祭の取材に同行していたのだったが、終わって魚釣島に接近したところ、日の丸を振る男の姿が見えた。それが10人で、なかに女性も1人いた。慰霊祭に参加した船とは別の数隻で近寄り、海に飛び込んで上陸したらしい。

灯台や岩壁に何本もの日の丸

   映像を見ると、普段着のままのもいれば、日の丸のTシャツ姿、入念にウエットスーツに足ひれなんてのもいた。島の灯台や岩の上に日の丸を掲げたり、振ったりしていたが、島のかなり高いところにある岩壁にも日の丸があった。テレ朝が乗った船の船長は、「あんなものはなかった」という。短時間で設置は無理な高さだ。相当早くから上陸していたとみられる。

応酬は意味ない

   慰霊祭は超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(会長・山谷えり子参院議員=自民)が行なったもので、国会議員9人を含む約150人が宮古島と与那国島から21隻で尖閣沖に出ていた。政府に上陸を申請していたが、拒否されていて上陸者はなかった。

   上陸した地方議員らは「日本人の志を示した」という。慰霊祭に参加した国会議員らも「気持ちはわかる」などという。そもそも戦没者の慰霊祭を尖閣周辺でやること自体が十分に政治的だ。8月15日をすぎてからというのも、香港活動家に挑発されたからだろう。同じアナのなんとやらだ。もとはといえば、国がしっかりしてないからとはいえ、困ったものだ。

中国国営テレビ「日本の一部右翼が上陸」

   取材した安西陽太記者に司会の羽鳥慎一が「上陸は計画的だったの」と聞くと、「突発的だともいうし、ウエットスーツや水着もいた。計画的かどうかは微妙」などという。何を見てたんだ。あれだけの数の日の丸を持ち込んだだけで十分計画的だろうよ。どんな連中かについても、「ツアーに参加した人たち」というだけで、これも頼りない。7月に石垣市議が上陸した時と同様、軽犯罪法違反の事情聴取だけで終わり、立件は見送る見通しだという。

   石原良純(タレント)「こういう応酬は意味がない。政府の許可を取ってあがればいいことで、むしろ国がどう意思表示するかが問題でしょうね」

   中国国営テレビはいち早く「日本の右翼が上陸した」と伝えた。これがさらにネットであおられ、杭州市、深?市など15か所で反日デモが起き、日本料理店や日本車が壊されたりした。しかし、中国政府はネットの書き込みを削除したり、テレビで「一部の右翼だ」と強調するなど、騒動の拡大を抑えにかかっているという。反日に名を借りた政府批判を恐れているわけだ。

   ちょうどこの日、魚釣島に上陸して逮捕された香港の活動家7人が強制送還され、香港では英雄扱い。「10月にまた行く」と息巻いていた。

   東京都の尖閣担当専門委員の山田吉彦・東海大教授が登場して、「月末に都が調査を予定している」と説明すると、良純が「なんで国じゃなくて都なの?」といっていた。親父さんに聞いてみてくれ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中