2018年 7月 22日 (日)

宇多田ヒカル「海外では犯罪者の目で周り見ると自分のスキわかります」

印刷

   宇多田ヒカルが8月22日(2012年)、日本人が海外に行くときに注意したほうがいいことをツイッターに書いた。「人がいないところは歩かない、どんなに良い人そうでも知らない人にはついていかない」ことという。海外にいる日本人の旅行客は「ビビってる感」が出すぎている人が多くて危ないと警告する。多少は警戒心を持つのは大事だが、「ただあまりキョロキョロしたり不安そうにしない方がいい」という。

   さらに、「犯罪者の目線でものを見るのも大事」。スペイン・マドリードの地下鉄で財布を強引に盗まれて以来、他人を見て「あ、この人のバッグから財布盗めそう」などと考えるようになり、自分に隙があることがわかって自然と気をつけるようになったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中