村田諒太「ボクシング金」引退表明!プロの1億円なんていらない

印刷

   ロンドン・オリンピックのボクシング・ミドル級で金メダルをとった村田諒太選手(26)が、きのう26日(2012年8月)に和歌山市で行なわれた国体・近畿ブロック予選の試合後、引退を示唆した。

国体予選もメダリスト人気で満員。急きょ会場変更

   国体のボクシング予選は見守るのは家族や関係者ばかりで、観客はほとんどいないのが普通だが、金メダリストが来るというのでもう大変なフィーバーだった。子どもたちから若い女性、オバさんも「こんな機会ないから」「めっちゃ見たい」「応援する」と大騒ぎとなった。

もっと試合見たい

   主催者も大忙しで、試合会場も前日までの100席しかない小さなところから、急きょ2000人収容できる県立体育館へと変更し、リング作りなど整備は夜まで続いた。村田選手もイスの並べ替えなどを手伝った。50台の駐車場では足りず、臨時駐車場70台分を用意したがすぐ満車となった。総勢700人が詰めかけ、村田選手と記念写真を撮ったりサインをもらったり。会場係も、「オリンピックのメダリストというのは大きいですね」と「メダリスト効果」驚いていた。

   京都代表で出た村田選手は、自分の試合前に京都の選手を大声で声援していた。「金メダリストです」というアナウンスで盛大な拍手の中でリングに登場したが、村田選手の足元はなんとスニーカーだった。いつものリングシューズをおとといなくしてしまったのだとか。しかし、試合はロンドンでも見せた重いボディーブロウと顔面パンチで終始、相手を圧倒する強さで、関西では負け知らずという大阪代表を2ラウンド56秒でレフェリーストップにして、メダリストの貫禄を見せた。

「協栄ジムからオファーの電話いただ きましたけど…」

   関係者が驚いたのは、試合後の会見だった。「ボクシングはこの試合でひと区切りだと思っています。4年後には新しい選手が出てきて活躍してくれると思いますし、その頃にボクは メディアの前にいないですから」と話し始めたのだ。記者から「協栄ジムから1億円の オファーがあったと思いますが」と質問が出たが、「1億円ですか? 電話はいただ きましたけど、直接聞いてません。プロを選ぶことで金メダルを汚すくらいなら1億円なんていらない。まあ、100億っていわれたら考えますけどね」と笑った。

   司会の羽鳥慎一「気持ちのいい発言ですね」

   石原良純(テレント)が「だって(予選で)勝ったんでしょ、だったら本選に出るでしょう」

   小松靖アナ「出ないようです」

   前田典子(モデル)「だって見たいですよね」

   小松によると、区切りならロンドンでよかったはずだが、ひとつ理由があった。京都府には10年以上お世話になっているので、京都府代表が本選に出場できるように力になりたかったと話しているという。いったん長期休養したいといい、指導者を目指すとかいう話もある。ふーん。

   羽鳥「スタジオに来た時、薄々感じていましたけど、いい人です」

   青木理(ジャーナリスト)「スポーツ選手は体とか人生、生活とか自分で決めるものだから」

   石原「でも村田選手が出ると、ちっちゃい場所から大きな体育館になるんだから…。見たいですよ」

   小松「ヒーローの条件が揃いすぎ。かっこよすぎます」

   羽鳥「靴だけみつかってほしいですね」(大笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中