大笑い!自称画家おばあちゃんが修復した教会キリスト画―似ても似つかぬ珍妙さ大ウケ

印刷

   「次はこれです」と2枚の肖像画が並べられたとたんに大笑いが起きた。司会の羽鳥慎一が「週末、日本中がこの話だった」。そう、「モーニングバード!」も先週金曜日(2012年8月24日)に短く伝えたが、スペインのボルハという小さな町の小さな教会にあるキリストのフレスコ画をめぐって騒動が起きている。1910年の作というが、傷みが激しいので「私が修復しましょう」と81歳の自称画家のセシリア・ヒメネスさんが名乗り出て、4年をかけて修復したが、似ても似つかないものになってしまったのである。

いじくり回しているうちに「愛嬌のある雪男」になっちゃった

   修復以前のキリスト像はちょっとクビを傾げて憂いのある目をしている。ところが、修復後の姿は幼い子どもが書いたような人物で、人というより愛嬌のある雪男。これがキリストだといわれてもちょっと無理がある素っ頓狂な絵で、見た途端に吹き出してしまうような「変身」ぶりだ。2枚の写真とともに世界中をこのニュースが駆け巡ったのもわかる。取材は160か国からあったという。

これはこれでいい
 

   ヒメネスさんが「こういう風にしようと思ったんですよ」と見せるスケッチはかなりの出来だ。だが、4年もいじくって、どうにもならなくなって教会に届けたというからのんびりしたものだ。 教会の壁に描かれた絵だというのに、それまでだれも気づかなかったのだろうか。驚いた教会はヒメネスさんに「これ以上触るな」と修復を禁止。オリジナルを描いた画家の孫という女性は、「(謝罪する)彼女を抱きしめました。81歳なんだし、とても気にしてました」と離す。

名もない教会に観光客殺到し絵を模したクレープも登場

   ところが、ニュースが流れたとたん、名もない教会に観光客が殺到し、絵の前には警官が立ち、みんな記念撮影していく。いまの絵はヒメネスさんの絵だから、こっちの方がすっかり有名になってしまったというわけである。ネットには「ボルハの村にスター誕生!」「スペインは悪いニュースばかりで、こんなに笑える話題はないよ」「教会はわかっちゃいない。絶好の宣伝だ」「神様がくれたプレゼント」などという声があふれている。  首都のマドリードでは、ヒメネスさんの絵を模した絵柄を入れたクレープを売り始めたら大当たりとか。ヒメネスさんだけが落ち込んでいて、心労のため寝込んでしまったそうだ。かわいそうに。

   前田典子(モデル)「モダンな感じ」

   羽鳥「これはこれでいいですよ」(笑い)

   小松靖アナ「ネット上では『ゴヤやムンクに匹敵する』とか、残してほしいと署名集めが始まっていて、きょう27日午前8時現在で19486人が署名していて、どんどんふえている。2万人はもうすぐ」

   さて、この絵はもとにもどるのだろうか。東京芸大の木島隆康教授は「油絵の具だと大変だが、絵の具が固まらない早いうちにやればもとに戻らなくはない」とう。ただ、有名なのはいまの絵の方だからねぇ。どうなることやら。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中