北斗晶「家族で何ができたかわからないけど本当に有り難う」

印刷

   日本テレビ系「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(2012年8月25日・26日)のチャリティーマラソンを家族で走ったタレントの北斗晶(45)が、8月27日にブログを更新した。

   北斗は「とてつもいないコメントを本当に有り難うございました」と大量に寄せられた応援メッセージや完走を祝うコメントに感謝した。マラソン前に書いた8月25日の「行って来ます」という記事には、8月27日正午の時点で2万件以上のコメントが書き込まれている。

   走ることは「辛かったし、苦しかった」といい、途中でスタッフから「時間内のゴールは難しい」と伝えられたときは、「時間内にゴール出来なかったら…皆さんに顔向け出来ないと泣くしかなかった」という。

「あたし達家族が何を伝えられたのか分かりませんが…本当に本当に本当に有り難うございました」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中