「24時間テレビ」後味悪かった大野リーダー騙す「生ドッキリしやがれ」

印刷

   <超絶!嵐にしやがれ007(日本テレビ系8月25日)>今年(2012年)で35回目となる日本テレビ系の名物番組「24時間テレビ35 愛は地球を救う」のメインパーソナリティーを嵐が4年ぶりに務めた。冒頭、リーダーの大野智が「さあ、みんな一緒に頑張ろう!24時間テレビスタートです」と開幕を宣言し、持ち歌の「感謝カンゲキ雨嵐」を歌って始まった。メンバーは「未来」をテーマに日本全国「ダーツの旅」に出かけたり、松本潤が高校の吹奏楽部の指揮をしたり、二宮和也が車いす青年のドラマに主演したり、それぞれの持ち味を生かした企画で参加した。

   嵐のレギュラー番組「嵐にしやがれ」(土曜よる10時)と「しゃべくり007」(月曜よる10時)がコラボで生で放送された。ジャニーズのアイドルと売れっ子芸人との合体企画で、ロンドン五輪メダリストの吉田沙保里選手らもゲームで対戦したり、高所恐怖症の櫻井翔が腕の力だけでロープをよじ登って風船を割ったり、ぽっこりお腹のニノが腹筋しながらフリースローを決めるなど、楽しいものばかりだった。

自称マッサージのプロがオネエ言葉で「智って呼んでいいかな。スペシャルやっちゃおう」

   そんな中で後味の悪かったのが大野リーダーをハメた「嵐に生ドッキリ」コーナーだ。スタッフに「技を極めたスペシャリストが秘訣を伝授する」という触れ込みで呼び出されたリーダーに、神保悟志なる役者がインドに古代から伝わる「メンティラマッサージ」を教えるという。「光栄です」と答えるリーダーは専用ウェアに着替えさせられ、マッサージ台にうつぶせに。

   「脱いでみましょうか」といわれて上半身裸になった大野の背中のマッサージが始まる。首の後ろからあろうことかお尻の割れ目まで。「くすぐったい」と笑いをこらえる大野。ここらあたりから怪しくなってくる。「智って呼んでもいいかな」「じゃ、次はメンティラパウダー使うわよ」とやおらオネエ言葉なる神保。「スペシャルなやつやっちゃおうかな」と言われて拒否しようとするのだが、神保は上半身裸になり抑え込む。リーダーは困惑して「ちょっと待って」と声をかけるが、大柄な神保ではびくともしない。リーダー危うし! ここでようやくピース・綾部が「どっきり大成功」のプラカードを掲げて入ってきた。

   綾部「24時間テレビ生ドッキリしやがれのコーナーであります」

   大野「生ドッキリ?」

   綾部「何されてました?いま」

   大野「皮膚と皮膚をくっつけられてた」

   大笑いする神保をリーダーが神保をどつく。本気でむっとした表情だ。

   それにしても、あまりに下らなくて品のない悪ふざけだ。「007」のMCのくりいむしちゅー・上田は「まんまとやられましたね」とはしゃいでいたが、夜中の時間帯とはいえ、ちびっこファンも多いリーダーを騙してまでやる意味あるの。チャリティー特番なのだから、もっと有意義な企画にリーダーを使って欲しかった。

   

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中