ポール・マッカートニー「インドの虐待子象」救出!大臣に直接嘆願書

印刷

   ポール・マッカートニーがインドで虐待されていた子象救出に一肌脱いだ。子象のサンダー君の救出を願う嘆願書をインドの森林大臣に提出していたのだ。サンダー君は寺院の窓のない狭い小屋に鎖につながれ、鎖には刺が付いていて、動くと激痛が走るようになっていた。体にはムチで打たれた傷もあり、長年、虐待され続けてきたことは明らかだった。

「救い出し森に戻すことを願います。世界が見守っています」

   「サンダーの写真を見て、虐待に心を痛めています。サンダーを救い出し、保護のもとに置き、機会を見て森に戻すことを切に願います。世界がサンダーを巡る状況を見守っています。どうか幸せな結末が訪れますように」

   ポールの森林大臣あて嘆願書のお陰もあって、サンダー君は救出され野生動物保護リハビリセンターへ送られることになった。ポールは動物の権利擁護団体「PETA」の会員で、時にやりすぎと批判を浴びるPETAだが、ポールの一言はやはり強かった。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中