猛禽類と触れ合う「鷹カフェ」に行列!フクロウやタカたちと一緒にお食事

印刷

   テレビをつければ、いつでも話題、人気(にんき)のスポットで溢れ返ってるが、人気の移り変わりは激しい。たとえば、かわいい猫ちゃんと触れあえる猫カフェが人気――とかいう話は、もう旧聞の類だ。けさ6日(2012年9月)の「朝ズバッ!」には、新聞好きの方にオススメのカフェが登場した。

マスターは鷹匠―猛禽オーナーも自慢のペット連れで来店

   東京・三鷹市に「鷹カフェ」というのがあるという。鷹匠がマスターをつとめる「鷹匠茶屋」という名のお店で、店内では鷹やフクロウといった猛禽類と触れあいながら(店内の映像を見るに、さすがに鷹とは容易に触れあえないようではある)、お食事が楽しめるそう。ついつい箸も進みそうだ。

はあ、ほう…

   かつては猛禽オーナーが自慢のペットを連れて集う店だったが、口コミで存在が知られ、一般客が急増したんだとか。いまではなんと1日100人の来客があり、「土日になると、ラーメン屋さんみたいに行列ができる」(店主)という。国内遠方はもとより、海外からも客があるそうな。

   ところで、この番組司会のみのもんたは日ごろから動物好きで鳴らすが、この度は「はあ、ほう。鷹とかフクロウ…」と小首をかしげながら中途半端にコメントし、人気の鷹カフェに触手を伸ばす気配はミジンも感じさせなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中