女児バッグ詰め監禁「私も小学校のとき公園で連れ込まれた」(立花胡桃)

印刷

   事件が起こったのはおととい4日(2012年9月)の夜の広島市内だ。タクシーのトランクに入れたバッグから「助けて」とうめき声が聞こえてきて、運転手が逃げようとした若い男を捕まえた。バッグから小学6年生の女の子(12)が救出された。男は小玉智裕(20)。成城大学社会イノベーション学部の2年生だった。これが大学生のやることか。

果物ナイフや粘着テープも準備「乱暴しようと思った」

   女児は塾の帰りだった。友だちと別れて母親の迎えを待って1人でバス停付近にいたところを、男に連れ去られた。果物ナイフで脅して人通りのないビルの入り口に連れ込み、手を粘着テープで縛ったあと、「正座してバッグに入れ」と脅した。そこから50メートルほど歩いたところでタクシーに「広島駅前」 といって乗ったが、バッグをトランクに入れたとき、手伝った運転手は「この重さでこの柔らかさ温かさは何だろう。死体じゃないかと思った」という。

運転手さんの機転

   走り出した後、トランクから「助けて」「助けて」という声がしたので、運転手は男に「何が入ってるんだ」と聞いたが、男は答えない。タクシーは交番へ向かって走り、信号待ちで止まった時にまた「助けて」と声がした。男は逃げ出したが、運転手が取り押さえ、通りがかった人に110番を頼んだという。

   小玉は本来3年だが留年していた。大学側は「最近は大学に来ていない。理由はわからない」と話す。体育会の居合同好会に所属していたが、目立たない存在だったらしい。広島には親戚が住んでいて多少の土地勘があり、運転免許証をとるために先月下旬から広島に来ていた。女児とは面識はなく、「乱暴しようと思った」と供述しているという。ただ、バッグの他に果物ナイフ、粘着テープを持っており、 計画的とも見られる。

「動転して大声出せないし防犯ブザーにも触れなかった」

   バッグは長さ70センチ、幅・高さ30センチという大型だが、とても人間が入れるようには見えない。女児は慎重150センチ、体重30キロだったが、ギリギリだった。大人だと入り切らない。

   司会の羽鳥慎一「運転手さんの機転があってよかった」

   松尾貴史(タレント)「女の子が冷静だったのと声が出せたこと、運転手が腕に覚えがあった(ボクシング)こと(が幸運だった)」

   赤江珠緒キャスター「月曜(3日)には名古屋で小5の女の子が監禁されました。身を守るにはどうしたらいいのでしょうかね」

   リポーターの清水貴之が、専門家の話として「いざという時のために、親子で大声を出す練習をしておくことだ」と報告した。立花胡桃は「小学校のときに公園で物陰に連れ込まれたことがあるけど、動転して大声も出せない。防犯ブザー持っていても触れなかった。走って逃げるしかなかった。だから訓練は重要」という。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中