矢部っち「肺気胸」入院でひがむ岡村!「長身の人が罹るんだって」

印刷

   ナインテイナインの矢部弘之(40)が先週7日(2012年9月)に緊急入院し、予定していた大阪・なんばグランド花月の舞台に一人で立った岡村隆史(42)は、「これガリガリの人に多いんですって、肺に穴があくのって…」と茶化した。背の低い岡村には縁の薄い病気で、やせ型の背の高いモデルタイプに多いイケメン病だというのだ。

「背が高く細身のモデルタイプの男性」

   矢部がかかったのは「肺気胸」で、医師の話によると「右肺の一部の弱いところ(嚢胞)が破裂し、そこから空気が肺の外側に漏れて肺が縮んでしまう病気」という。

若くないのもいる
 

   どんな人がなりやすいか。一般的には10代から30代の比較的若く、やせ形で身長の高い男性が圧倒的に多い。矢部は身長173センチ、体重58キロで、特徴がほぼ当てはまる。

   脇腹に小さな穴をあけてチューブを入れ、もれた空気を入れて膨らませれば5日間ほどで治るそうだ。コメンテーターで医師の友利新も「命に別条はなく、背が高くて細くて若い男性。モデルタイプがなりやすい病気です。カッコ良さそうな人がなるんですね」という。

例外中の例外?和田アキ子も罹った!

   司会の加藤浩次が「芸能人が多いんですよね」と言い、ボード肺気胸にかかった有名芸能人の名前が映し出された。これを見たコラムニストの勝谷誠彦、「若くなくて細くない人が2人います。津川雅彦(当時69)とやしきたかじん(当時53)」

   さらに、もう一人例外中の例外がいた。和田アキ子(当時29)……。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中