西原理恵子「27年漫画家やってきて、一番売れたのが、漫画じゃない」

印刷

   漫画家の西原理恵子が9月10日(2012年)、文春新書から販売している「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント」がこれまでに出した作品の中で一番売れたとブログに書いている。

   「大丈夫か日本」という題の記事で、「アマゾンで私のチャラい本がベストセラーNo.1に。だ、大丈夫じゃないぞ日本。何がおこったんだ?え、えーと、今回の件は、私的にも大変まずいです。27年漫画家やってきて、一番売れたのが、漫画じゃない」と動揺気味に伝えた。

   同書は7月20日に発売された「人生相談エッセイ」で、「ついうっかりお客様が手に取る、役に立ちそうに見えて、実際どうよソレ、けどまあ、1時間くらいで読めそうやし、ええか、ちょっとついでによってみよ」という「デパートの中の階のパチモンの美術館みたいなヤツ」を目指して書いたものだという。9月4日のブログでは16万部を超えたことを伝えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中