1000隻の漁船「領海侵犯」宣戦布告と同じ-第2の柳条湖事件に発展懸念

印刷

   北京の日本大使館前でデモが始まったと18日(2012年9月)朝の第一報が入った。これで8日連続だ。ただ、デモの人数もわずか100人程度と先週末に比べると少ない。警備の警官もフェンスの前に三重に強化されていて荒れる気配もない。

   きょうは満州事変のきっかけとなった柳条湖事件が起こった日で、中国では国辱の日とされている。毎年大きなデモが中国各地であるが、反日デモの激しさから政府も引き締めに踏み切ったのかどうか。ネットで呼びかけられているという。

浙江省の港をすでに出航

   尖閣初頭を目指す漁船は、台風16号の影響で足止めされていたのが動き出した。中国中央テレビはきのう浙江省の港を漁船団が出航したと伝え、一部報道では、うち1000隻が尖閣海域に向い、活動家のグループも乗っていて上陸を目指すともいわれている。

日本の出方?

   中国政府は日本政府の尖閣購入を「不法だ。責任は日本側にある」として、日系企業の焼き討ちや破壊・略奪を放置していたが、こと尖閣となれば話は別。上陸にまで踏み切るかどうか。訪中している米のパネッタ国防長官の動向も注目される。

   日本政府は中国に自制を求め、「巡視船の数を増やして警戒」の方針だが、1000隻に対応できるはずもない。また、「領海侵犯」に対応する法律がないという声もあるが、それが必要な状態になったら、もう事実上の戦争状態だ。法律の問題ではあるまい。拓殖大の石平・客員教授は「もし領海に入ってくるなら、宣戦布告と同じですから収拾がつかなくなる」という。

日本ターゲットのたち悪い暴動 今夕から激化?

   司会の羽鳥慎一「日本の動きを見て動くということですか」

   石「いや、逆です。彼らがどこまで腹を決めているかです。決めていれば、日本の対応がどうであろうと入ってくる。そうすれば全面対決。境界でウロウロしていれば収束する。日中関係の分岐点になる緊迫した歴史の中にいるわけです」

   羽鳥「重要な一日?」

   石「そうです。柳条湖事件より大事な意味を持つ日になる」

   舘野晴彦(月刊誌「ゲーテ」編集長)「デモでもないし、ただの暴動だ。これが経済大 国、中国の実情です。尖閣の過去のいきさつなぞ一般の人は知らない。だから、言葉は悪いけど、たちが悪い。政府にしても対応しようがない。でも、毅然として火の粉をはらわないといけない」

   中国に進出している日本企業は2万社、日本人は14万人もいる。先週末からの暴動で、みなひっそりと息をのんで見 守っている。9.18デモの呼びかけは続いており、夕方からがヤマになるという。

   石「きょうは何とか抑えると思う。問題は明日以降だが、いまの時点では判断できません。尖閣に入ってきたら、パンドラの箱が開く」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中