いじめ自殺に校長痛みなし!「不慮の事故と生徒に説明したい」遺族に申し入れ

印刷

   今月2日(2012年9月)、兵庫・川西市の県立高校2年生(17)が自宅で自殺した。このとき、校長が遺族に「(自殺でなく)不慮の事故と生徒に説明したい」ともちかけていたことがわかった。生徒はその後の調べでいじめにあっていたことがわかったが、学校は「自殺との関連はわからない」としている。

座席や机隠しても教師は見て見ぬふり

   生徒は自宅で首を吊って自殺した。校長は両親への電話で「自殺というと、連鎖が起こる恐れがある」と、「生徒には事故と説明したい」と申し入れた。遺族はこれを断ったため、始業式のあった3日の学年集会で「自ら命を絶った」と説明した。

罪深い

   その後、生徒の間から「いじめがあった」という声が出たため、学校が7~11日に生徒からの聞き取り調査を行った結果、5月頃から3人の生徒が「虫」と呼んだり、ものを投げつけるなどのいじめを行なっていたことがわかった。座席を机ごと隠されるということもあったという。これは担任の教師も目撃していたが、それをいうと生徒を傷つけると思って言わなかったのだそうだ。席がないというのに? おかしいのは校長だけではないようだ。

   しかし、17日に記者会見した校長は「自殺と関連性があったのかなかったのか判断できません」といい、さらに自殺を事故にしようとしたことには、「できるだけ自殺という 言葉は避けたい。リストカット、自殺に関しては伝染性があると聞いていた」と語った。

   司会の羽鳥慎一「この打診はないですよね」

   赤江珠緒キャスター「信じられないですね」

生徒のことより頭の中は汚点隠したい「自己保身」

   舘野晴彦(月刊誌「ゲーテ」編集長)は「こんなことが通ると思ってることが、いかに社会とずれているかをあらわしていますよ。こんな校長にもってもらったら子どもが不幸。早く辞めてもらいたい。結局、自分の汚点を隠したいだけなんでしょう」

   羽鳥「影響をあたえるというのは都合のいい言い方だな」

   宮田佳代子(フリーキャスター)「教え子が死を選ぶしかなかったという現実に対する痛みとか悔いとかが一点も感じられない。連鎖なんてないと思うが、あるとしたらそうならないための命とか死についての教えがある。それをしないで保身に走るなんて最低ですよ」

   舘野「うちでは、こういうことが行なわれてるんでしょうね」

   羽鳥「そういうことを、遺族と話し合うという感覚がわからない。いじめが問題だといっている中で……」

   赤江「人生の最後を改ざんするくらい罪深いことなのに、校長先生はあまり罪の意識がない」

   羽鳥「発表も淡々として」

   舘野「いじめは陰湿に進歩してるのに、先生は退歩してる」

   宮田「ことなかれのいい例ですよ」

   同じような話が多すぎるからね。まあ、ボロクソだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中