兵庫・いじめ自殺の高校教頭「ご両親も学校も知らなかった」

印刷

   兵庫県立高校2年の男子生徒(17)が今月2日(2012年9月)、自宅で首つり自殺した問題で、学校側がいじめを知ったのは、葬儀で生徒が読み上げた自殺した男子生徒宛の手紙だった。その経緯を教頭が電話取材に答えた。

葬儀で同級生が手紙読み上げて発覚

   それによると、学校側が自殺を知ったのは3日朝の両親からの連絡だった。校長を含め数人の職員が自宅を訪れ両親に事情を聴いたという。その時は、「両親も『いじめと思われるようなことはなかった』と言っていたし、学校もいじめは知らなかった」という。

次は自分が対象

   高校生くらいになると、学校でいじめられていても親にはいえない。両親がいじめを知らないケースが多いのは当然である。しかし、それで学校側の言い訳にはならない。学校は校内で起きていることには責任がある。

   しかし、学校側はこの後、「(生徒たちに)自殺と説明すれば第2、第3の自殺が起こる恐れがある。『不慮の事故』と生徒に説明していいか」と両親に打診したという。両親は「2度と同じことを繰り返さないためにきちんと説明して欲しい」と断り、学校側は3日の学年集会で生徒に「自ら命を断った」と説明したという。

   このとき両親はまだいじめの事実を知らされていなかったがが、葬儀である生徒がいじめられていたことを手紙として読んだ。

   教頭によると、「苦しかったろうにね…」などいじめをほのめかす記述が2通あり、葬儀に日に一部の生徒が校長に「いじめがあった」ことを報告している。これを受けて学校側はアンケート調査をしたらしい。いじめた生徒は、自殺した男子生徒を「虫」とか「菌」と呼び、椅子の上に死んだ蛾を置き、知らずに本人が座ったことも分かった。

最終調査報告では「いじめと自殺の因果関係判断できない」

   ただ、学校側は14日、最終的な調査結果を両親に報告した中で、いじめの事実を認めつつも自殺との因果関係は判断できないと話したという。

   キャスターのテリー伊藤「葬儀の場で言うのは、学校の先生を信じていないからですよ。下手をすると、もみ消されてしまう可能性があると思って…」

   評論家の宮崎哲弥「声をあげると自分がいじめの対象になると考えたのだろうか」

   だとすると、自殺した男子生徒が一層哀れになる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中