大野「冷蔵庫で寝るの?」、相葉「寝心地いいですよ」―掛け合い絶妙!嵐のCM新バージョン

印刷

   モテ男の嵐の面々はCMも数多い。18日(2012年9月)から放送されている二宮和也のポッキーチョコレート(江崎グリコ)デビルニノ篇は、何でも独り占めにしたがるジコチュー男が天罰をくらって悪魔に変えられてしまう。人間に戻るには「分かち合う心を学ぶ」ことだと神様に諭され、大量のポッキーを贈られる。「何でポッキー?」と首をかしげるニノ。黒くて大きな頭の角、黒づくめのいでたちに長い尻尾をつけた悪魔スタイルがチャーミングだ。来月下旬放送の第2弾「デビルニノ公園」篇では、幼稚園児にポッキーをシェアして喜ばれ、先生にも礼を言われるストーリーだ。前シリーズでは延々と踊ってばかりだったニノも、今シリーズはショートドラマ仕立てで熱演している。さすが悪魔にものにも器用に化けた。

プロフェッサー櫻井アイスチョコ「ピノ」で運勢占い

   櫻井翔がプロフェッサーに扮するのが森永製菓のアイスチョコ「ピノ」である。6個入りのピノをどんな順番で食べるかで今日の運勢を言い当てるという触れ込みだ。ピノをパクつく女子高生2人の前にいきなり現れ、「今さ、どの順番でピノ食べた?」。一人が答えると、「本音を言えないあなた。きょうは告白の大チャンスかも」

   櫻井クンはクールなプロフェッサーを演じるため、真っ赤な縁のメガネとコートを自分で選んだのだという。

   櫻井はマンモスとの掛け合いの味の素「冷凍ギョーザ」の新CMもおもしろい。「少年合唱団」篇では3人の少年合唱団が現れ、調理に合わせて歌い始める。「フライパンにギョーザを並べまして~、フタして終わり!チャン!」。櫻井クンが思わず「油と水は?」。油も水も使わないのがこのギョーザのミソだ。櫻井クンはうまそうパクリ。アイスにしろ、ギョーザにしろ、ほんとにおいしそうに食べること。

大野「相葉ちゃん、嵐と店員両立させたら…」

   嵐のお笑い担当の大野智、相葉雅紀がコンビで出演するのが、日立白物家電シリーズ「真空チルドSL寝心地の良い冷やし方」篇である。凄腕デパート店員の相葉ちゃんが寝心地のいいベッドを買いに来た客の大野に、「もっとオススメがありますよ」と耳打ちして売れていったのは、なぜか冷蔵庫売り場だった。

   大野「いや、これ、冷蔵庫でしょ」

   相葉「寝心地いいですよ」

   なんでも野菜、肉、魚の酵素の働きを抑制して、眠らせるように保存する機能のついた冷蔵庫なんだそうな。いつもはオーバーなリアクションと大ボケギャグで笑わせる相葉ちゃんが、ここでは凄腕店員に大変身。メイキング映像では大野リーダーから「(嵐と)両立させたら」と突っ込まれていた。息ピッタリの2人の掛け合いが絶妙だ。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中