2018年 7月 20日 (金)

今年の「ベストドレッサー賞」ネット人気はトップレスのケイト妃

印刷

   女優のグウィネス・パルトロウ(39)が、米「ピープル」誌が選ぶ2012年の女性版世界ベストドレッサー賞に選ばれた。グウィネスはモデルばりのスタイルとノーブルなルックスで、ゴージャスなガウンからシンプルなジーンズスタイルもスタイリッシュに着こなしてしまう女優だ。

「自分のスタイルを持っている女性」という評価

   しかし、ネットではベストドレッサー賞に異議ありの声が多い。「なぜ彼女が?」「ベストドレッサーって感じではない」などの意見が相次いだ。賞の候補者には、女優のエマ・ストーン、映画「ハンガーゲーム」で一躍スターに躍り出たジェニファー・ローレンス、歌手のリハナ、モデルのミランダ・カー、そして現在トップレス写真騒ぎの最中にいる英国王室のケイト妃らがいた。メディア露出があれだけ頻繁ながら、多様なシーンでめったに失敗を犯さず、自分のスタイルを持っているケイト妃を推す声が多かったのも確かだ。なかなか難しい選択だと思う。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中