ロックバンド「LAST ALLIANCE」ギタリスト、市議選立候補「心に幸せを運びたい」

印刷

   ロックバンド「LAST ALLIANCE」のギタリスト・佐野森吾が、9月20日(2012年)までに神奈川県座間市の市議会議員選挙に立候補することを明らかにした。

   佐野は新たに開設したブログで、市政へのチャレンジについてこう語っている。

「私は近親者に3人の自殺者がでるという経験をしました。そして今でも友人や近親には心の病と闘っている人がいます。こころが疲れている人々を勇気づけたい、それを忘れられるひとときを作りたい、自然な笑顔が少しでも見たい、そういった思いで音楽と向かい合い活動してきました」
「この経験を38年間生まれ育った<ざま>でも生かしたい。もっと身近な人達の心と積極的に関わり合い、耳を傾け、共に考え、街ぐるみで助け合える。そういった環境作りに私の感性をもって訴え、お手伝いしていきたいとおもいました。今でも私が求め続けてきた、大切な人々の笑顔を作り出す力を持つ、もう一つの場所、それが政治だと信じ、私は市政へのチャレンジを決意いたしました」

   公約として、「安心・安全な暮らしを築く」「のびのびと子供を育てる」「生き生きと心の内面に宿る幸せを運ぶ」の3つを掲げている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中