オスプレイ体験試乗「乗ったからって安心・安全わからない」自治体ケンもホロロ

印刷

   きのう27日(2012年9月)、岩国基地で米軍の新型輸送機オスプレイの体験試乗が行なわれた。防衛省・米軍は22の自治体の首長に招待を出したが、知事の参加はゼロ。しかし、副知事などの自治体関係者、報道陣約90人が参加した。

第1海兵航空団オーエンス司令官「実際に配備して見てもらえば安心できると思う」

   オスプレイは沖縄・普天間での飛行と同じ、ヘリコプターモードで離陸し、機体が不安定になるという転換モードから水平飛行へと移行するなど、さまざまな状態を見せた。飛行そのものは快調に見えたが、搭乗した側が何をどう体感したかは、人それぞれだ。

乗る側だけの安全

   広島・大竹市の大原豊復市長は「国が安全というから安心して乗ったわけで、それ以上でも以下でもない」となんとも素っ気ない。他の人たちも「騒音はヘリと同じくらい」「乗り心地はヘリと同じ。不安は感じなかった」「離着陸も思った以上に安定感があった」などの感想はあっても、安全かどうかはだれにもわからない。また、「安全だ」といえる雰囲気でもない。

   今回は広島、沖縄、山口の22自治体が招待されたがいずれも知事は参加せず、肝心の沖縄と岩国基地周辺の自治体からの参加もゼロだった。しかし、第1海兵航空団のオーエンス司令官(少将)は「(沖縄に)実際に配備し、騒音、高度、スピードを見てもらうことで、安心できると思う」と自信ありげだ。それはそうだろう。2006年から実戦配備して、イラク、アフガンでも作戦に従事しているのだ。やたらに落ちるような飛行機を米軍が採用するはずがない。

台風17号接近で「沖縄移動」延期

   この日も普天間基地前では、7つの市町村の市民団体など約150人のデモが警官と押し合いをしていた。「オスプレイは間違いなく墜落するんですよ」と叫ぶ男性。これは科学や機械の話じゃない。対米政治なのだ。

   仲井眞弘多知事は「まことにまことに遺憾としかいいようがないですね。安全性がわけわからないのにね」という。名護市の稲嶺進市長は普天間座り込みも「ありえます」といっていた。もう安全とかいうレベルの問題ではない。

   司会の羽鳥慎一がまた「1回の飛行だけで安全というのは乱暴ですよね」とトンチンカン。この体験飛行は安全を確認するものではない。他の飛行機とどう違うかを感じるのがせいぜいだろうに。

   きのうまで沖縄にいたという吉永みち子(作家)が「安全の話と沖縄が抱えてる問題とは別ですよね。安全をなぜ乗る側で確認するのか。むしろ滑走路に立っていた方がわかるんじゃないですか」と、これまたわかったようなわからんような。これらオスプレイはきょうにも普天間に飛ぶはずだったが、台風17号の接近で中止になった。台風の進路次第になりそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中