理想の通勤時間は「24分・5駅」!これなら埼玉貧乳問題は解決するか

印刷

   毎朝9時ごろに気になる話題を提供するという新コーナー「9時ッス!!」で、20代の若者の「理想の通勤時間」を取り上げた。終盤には、通勤時間との関係で「埼玉貧乳問題」も飛び出した。

   先月(2012年9月)、不動産情報会社がひとり暮らしをしている1都3県の20代の男女を対象に、自宅と会社の理想の距離についてアンケートを実施、その結果を発表した。それによると、「通勤時間24分、5駅」という結果が出た。

20代若者「朝起きてすぐ会社だと切り替えできない。30分は必要」

   「スッキリ!!」も街ゆく20代の男女に、理想の距離と時間について聞いてみたら――

ホント!
「できれば会社と離れていたいが、それでも30分くらいかな」(男性会社員)
「ちょっと遠めぐらいがプライベートも見られずいいんじゃないですかね」(女性事務員)
「目の前でなければ、近ければ近いほどいい」(女性接客業)
「自分は遠い方を選ぶ」(男性会社員)

   それぞれに理由を聞くと――

「朝起きてすぐ会社だと切り替えができない。30分は必要」(男性会社員)
「地元のコミュニケ―ションと会社を分けたい。混同するとプライベートが楽しめない」(女性会社員)
「会社の近くだと、飲んだりした時に帰りに誰かに見られるとか」(女性会社員)

   では、通勤時間で何をしているのか――

「メールとか、本を読んだりとか」(女性フリーター)
「本を読んだり、勉強したり」(男性会社員)
「たまにカッコいい人が乗っているとラッキーだな、みたいな。乗り換えのラインごとにカッコいい人がいるといいな、みたいな」(女性会社員)

   そんな若者をお父さんたちはどう思っているのか――

「ぼくらの時はそんな選択の余地がなかった。住むところと働くところが別で、きちんと働いて世の中に貢献できればいいと思っていたんだから」(50代男性会社員)
「若い方はゆっくり寝たいのだろう。頑張れ、若者!」(50代男性会社員)

   司会の加藤浩次「仕事とプライベートを分けるために、30分ぐらいかかるということですね、おおたわさん」

「通勤時間が長いと睡眠時間が短くなっておっぱいが育たない」

   ここで、コメンテーターの内科医、おおたわ史絵が以前に一部で話題になったこともある「埼玉貧乳問題」について発言した。「でもねえ、ある程度近い方がいいんです。通勤時間が長すぎる県では女の子のおっぱいが育たないことが、わかっていて」といいかけると、一同は「えっ、ホント!」とびっくり仰天。おおたわ続けて、「日本では埼玉県が残念なことに、埼玉貧乳問題っていうのがあるんです」。

   キャスターのテリー伊藤が「えっー」と大声をあげながら、「埼玉の人からすごい苦情が来るよ」。おおたわ「全国的に知られていることです。ウソではありません。夜ちゃんと眠れるということが大切。通勤通学が長すぎると、睡眠時間が短くなる。そこが問題」と、番組はあらぬ方向に進んだ。

   それにしても、このアンケートの「通勤時間24分、駅5駅」、お父さんたちにはため息の出る条件だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中