山中教授「今年はないよ」と話してた5日前。自宅で洗濯機修理中に受賞の知らせ

印刷

   スラリと伸びた背丈、端正な顔付き。子どものころから勉強がよくでき、スポーツや生徒会活動にも積極的だった。きのう8日(2012年10月)、今年のノーベル医学生理学賞に決まった京都大学の山中伸弥教授(50)は、絵にかいたような秀才コースを歩んできたように見えるが、これまでの道のりは決して平たんではなかった。

20分で終わる手術に2時間もかかった「下手クソじゃまなか」

   山中の講演やスピーチにはいつも登場するそうだが、「じゃまなか」の話は和ませる。柔道やラグビーで骨折を繰り返し、ケガをした人の助けになりたいという思いや父親の勧めもあって医学部に進み、晴れて整形外科医になるが、肝心の手術が苦手、いや下手だった。腕のいい医師だと20分で終わるところが2時間もかかった。それで、先輩から「じゃまになるから、山中ではなく、じゃまなか」と呼ばれた。

   こうしたこともあって、臨床医を断念して基礎研究に進む。アメリカに留学しiPS細胞につながるES細胞の研究に取り組み帰国するが、アメリカの研究環境とは違い、マウスの世話もしなければならない毎日で、ふさぎ込むこともあったという。だが、「すごく誠実で謙虚で目標を決めたらそれに突き進む」(中学・高校の同級生の芳武努さん)という性格で挫折を乗り越えた。

   この芳武さんともうひとりの同級生、平田修一さんと受賞の決まる5日目前に一緒に飲んだ。たわいのない話に終始したが、平田さんによると、ノーベル賞については「本人は今年はないよ、といってました。気負っている様子はありませんでした」。その平田さんが受賞を聞いて、「やったな、おめでとう」とメールを送ると、さっそく8日18時59分に「平修、ありがとう!」と返事が返ってきた。記者会見や何やらで忙しい最中、「まさか、きょう返ってくるとは」と本人も驚いていた。

中高同級生の妻が支えた研究没頭暮らし

   受賞の知らせがあった時、自宅でゴトゴト音がする洗濯機を修理していたという話も親しみを感じさせる。「妻の知佳さんも中高の同級生で、家族思いのようです」とリポーターの西村綾子は伝える。「中学2年の時からの付き合いを貫いてのご結婚でした」。

   平田さんは知佳さんについて、「なかなかチャーミングで勉強もできて活発ないい女性。山中の嫁さんにぴったり。奥さんがしっかり家庭を守ってくれるから研究に没頭できる」と話す。芳武さんも「2人の大学生の娘さんに相手にしてもらえへん、といってますけど、すごく仲が良くてね」

   教授はまだ50歳。こんどの受賞が多くの人の医療に役立つようますますの活躍を期待したい。

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中