青森「首輪女性怪死」助け呼ばず繋がれたまま…逮捕男性と1年前から同居

印刷

   奇妙な事件だ。31歳の女性が全裸で、犬用の首輪で監禁されていたような状態で遺体となって見つかった。なぜ監禁状態だったのか、女性は助けを求めることはできなかったのか。リポーターの阿部祐二が現地から報告した。

遺体2日発見前「けんかみたいな…、なんか異常だなと思った」と隣人

   現場は青森市の静かなアパートで、遺体が発見されたのは10月5日(2012年)夜だった。同居していたトラック運転手の桑野貴志容疑者(38)から「同居の女性が台所にうずくまっている」と警察に通報があった。女性は台所でうつ伏せに倒れ死亡していた。そばに犬用の首輪と長さ2メートルのワイヤ、南京錠が残されていた。青森県警青森署は桑野を逮捕監禁容疑で逮捕して調べている。桑野は「女性が精神的に不安定で暴れるので首輪をつけた。朝出て行く時は生きていた」と供述している。

   首輪は台所の金属部分にワイヤでくくりつけられ、南京錠で固定されていた。台所には手の届く高さに小窓がある。阿部は「2メートル動くことができれば、その小窓を開けて助けを求めることができますが、その形跡はありません」という。アパートの大家によると、桑野はおととし6月ごろに1人で入居した。警察の調べに対し、1年前から女性と同居していたといっているが、近所の人は女性がいたことには気づかなかったという。しかし、遺体発見の2日前、女性の声を聞いた隣人はいる。「けんかみたいな…、なんか異常だなと思った」というがはっきりしない。

専門家「首輪のまま多臓器不全で死ぬまで自分傷つけること難しい」

   女性と桑野はどんな関係だったのか。桑野は10月5日の午前11時ごろ仕事に出て、午後7時半ごろ帰宅した。女性は激しくやせたり、衰弱したりした様子はない。監禁したことについて、桑野は「女性が暴れてケガをしないようにやった」と供述している。警察によると、女性は精神的に不安定な部分があったという。

   死因は多臓器不全で、殴られたりぶつけたりしたことにより内臓が損傷したもとみられている。だが、桑野は暴行を否定している。警察は女性が自ら傷つけた可能性もあるのではないかとみて、暴行の可能性との両面から調べている。

   だが、専門家は2メートル前後の範囲で、多臓器不全で死ぬようになるまで自分で内臓を傷つけることは難しいという。弁護士の菊地幸夫は「女性の何か自発的な、男性との合意のもとで何かあったのかどうか。どちらの方にいくのかによって、犯罪がそもそも成立するのかしないのか、かなり変わってくる可能性がある」という。となると、ますます、奇妙な事件だ。

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中