2018年 7月 20日 (金)

田中真紀子文相セコイ!「山中教授に洗濯機贈ろう」購入代金は割り勘

印刷

   いかにも田中真紀子文科相らしいニュースじゃないのか。「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーで、朝日新聞(10月17日付)の朝刊記事「田中文科相、山中教授へ洗濯機の寄付を提案」を取り上げた。記事によると、田中は16日の閣僚懇談会で、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京大の山中伸弥教授に、内閣から洗濯機を寄付してはどうかと提案したという。

「閣僚1人当たり5000円~1万円を出せば買える」

   田中は「さぞ生活者としてお困りと思うので、閣僚1人当たり5000円~1万円を出せば買える」と言ったという。受賞の報があった時、山中教授が洗濯機の修理中だったことを知ったかららしい。この提案に閣僚全員が賛成したという。

若狭:パフォーマンス

   先のない「思い出づくり内閣」らしい発想だが、ただ政治家の寄付行為は法律違反になるケースもあるとかで、他の方法を再検討することになったらしい。

   若狭勝弁護士(元東京地検特捜部副部長)「発想が非常に貧困ですね。それにすでに洗濯機はなおったと山中さんは言っている。洗濯機をあげればパフォーマンス的になると思っているのなら、もう少し違うところに頭を使ってもらいたいと素朴に感じます」。

   片山善博元総務相「政策について大所高所の議論をしなければいけないですよね」

   そんな目くじらたてて言うようなことかな。ジョークでしょうに。田中がポケットマネーをポンと出して洗濯機をプレゼントしたら大ウケだったのに、大臣みんなの割り勘でとは、ケチなんだね、この人…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中