缶コーヒー破裂!?地下鉄車内で乗客が持っていた空き缶ボンッ!十数人ケガ

印刷

   おととい20日(2012年10月)、東京メトロ丸ノ内線の本郷三丁目駅で、停車中の電車内で女性乗客が持っていたコーヒー缶が破裂して、周囲にいた十数人がケガをした。こんなものがなぜ爆発したのか。

アルカリ性洗剤入れて持ち運び

   森圭介アナによると、「コーヒー缶を持っていた女性は勤務先の店長からアルカリ系の洗剤をもらい、飲み干したコーヒーの空き缶に入れて持ち歩いていたようです。それが爆発の原因と見られています」という。

知らないでやってる

   司会の加藤浩次「空き缶に洗剤を入れると破裂するということがあるんでしょうかね」

   森「これが実は危険なようです」

   東京大学の苅間理介准教授は「空き缶にアルカリ性の物質を入れると、金属と反応して水素が発生します。その水素が膨張して、爆発につながります」と説明する。酸性の物質でも同じように反応するという。

   キャスターのテリー伊藤「怖いよね。空き缶と洗剤が反応するということはほとんど知られていないでしょう。洗剤は身近にあるものだし、うっかり入れてしまう可能性もある。もっと大きな缶に入れていたらどうなっていただろう」

   森は「苅間先生は洗剤が入った容器の裏側には注意事項が書かれているので、必ず熟読して欲しいとおっしゃっていました」と伝えた。

   中性洗剤なら大丈夫ということなのだろうか…。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中