宝塚歌劇団男役の「兄貴ぶり」嵐も興味津々!「エッ、そんな掟があるの?」

印刷

嵐にしやがれ (日本テレビ系10月20日よる10時15分)>各界の先輩である兄貴ゲストに嵐があれこれ教えてもらう。番組始まって以来、初の女性ゲストがなんと7人も登場した。再来年で創立100年を迎える宝塚歌劇団の宙組男役の面々だ。手足が長い、顔小さい、脚細い、そして並みの男より断然りりしくてかっこいい兄貴ぶりに、嵐も興味津である。

珍回答「パンツに名前書かなければならない」にタカラジェンヌ大爆笑

   「男の園ジャニーズVS女の園宝塚歌劇団 秘密の掟解禁しやがれ」はクイズがスタートした。最初の問題は、伝統的に続いているという「宙組の暗黙のルール」はなにか。相葉雅紀が「パンツに名前を書く」と答えて男役たちは大爆笑。正解は櫻井翔がひらめいた「食べ物に名前を書く」だった。7~80人が在籍する宙組の稽古場では、それぞれ自分の名前を書いて食べ物を置いている。名前を書かなかったら、他の人に食べられても、名前を書かなかった方が悪いという掟なんだそうだ。

   宝塚側に「じゃあ、嵐の暗黙のルールは?」と聞かれ、松本潤は脱線気味に、相葉のパンツ話を続ける。「合宿所にいるときはパンツに名前書いてたよね。パンツの後ろのタグに」。相葉ちゃんが「一緒に洗うからわかんなくなっちゃう」と補足説明する。ところが、松潤は「名前を書くんだけど、全然(守ってくれない)。俺のパンツを勝手にはいてたじゃん」と相葉ちゃんに抗議。

   相葉「うん。自分ちのたんすの中から 、松本、二宮というパンツが出てきた」

   ちなみに、嵐の暗黙の了解は「(楽屋での)席順が決まっている」だった。あんまり面白くない。パンツの話の方が嵐らしいじゃない。

力持ち・相葉ちゃんリフト挑戦!大野リーダー華麗に回転

   体脂肪率1ケタの筋肉質な宝塚アニキが、ダンスシーンで娘役をリフトする華麗な技を披露した。さっそく嵐もやってみることに。一番の力持ち相葉ちゃんが大野智リーダーをリフトすることになった。リーダーは「めっちゃ怖いよ」と逃げ腰で、1回目はさすがに失敗だった。2人の持ち上げるタイミングと持ち上げられるタイミングが合わないのだ。「ただ股間つかんだだけでしょ」と松潤がヤジる。

   次は2人は手をしっかりとつなぎ、目と目で合図。「待ってればいいのね、ここで」(相葉)、「俺、ここに入って行くから」と指示する大野。エイヤッで相葉ちゃんにリフトさたリーダーが華麗に回転している。最後はたった30分の練習時間で宝塚と合同レビューをばっちりキメた。飲み込みの早さに宝塚のスターたちも感心しきりだった。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中