フジテレビに強盗犯逃げ込み!防犯カメラが撮っていた早朝の捕り物劇

印刷

   司会の小倉智昭がのっけに「衝撃かどうかわかりませんが、スクープ映像です。当たり前です」 と笑った。きのう24日早朝(2012年10月)、強盗犯がフジテレビのビルに逃げ込んで、ガードマンに取り押えられたのを、13台の防犯カメラが90分にわたって捉えていたのだという。「他局では持ってないネタです」(笑い)

ドラマさながら…非常階段を駆け上がる犯人、追う警備員、屋上では生放送スタンバイ

   最初にフジの警備員が不審な男に気づいたのは午前4時39分だった。大型商業施設「アクアシティお台場」の方から歩道を全速力で走る男がいた。警備員は「マラソンとかではなくて、本当に全速力だった」という。この数分前、アクアシティのATMに売上金を入金しようとした店員が刃物のようなものを持った男に襲われ、約28万円を奪われていた。防犯カメラは男が走る姿を捉えていたが、男はフジテレビの脇に入ったところで突然姿を消した。

警備員のバイト経験

   通報で警察車両も集まり厳戒態勢になったが、午前6時04分に警備員が密集した植え込みと建物の間にしゃがんでいる男を発見した。そこに1時間20分も隠れていたのだ。「何をしてる」と警備員が声をかけたところ、男は逃げ出した。警備員が追う。その姿を複数のカメラが捉えていた。

   男はフジテレビの敷地内に入り、非常階段のカギのかかった扉を乗り越えて屋上に向かった。午前6時10分、 階段を駆け上がる姿が別のカメラに写っていた。7階の「屋上庭園」では情報番組「めざましテレビ」の天気予報のナマ放送が迫っていた。男が上り切ったところに別の警備員がいた。男は「チャイニーズ、チャイニーズ」としかいわなかったが、警備員は男を伴って階段を降り警察官に身柄を引き渡した。

建造物侵入の現行犯、強盗容疑で逮捕されたのは「チャイニーズ」

   男は中国人だった。台東区在住の林徳銓(22)と名乗っている。 逮捕容疑は建造物侵入の現行犯だが、ズボンの後ろのポケットに現金約30万円があった。男が潜んでいた茂みには衣類とナイフがあった。警察は強盗事件に関与した疑いで調べているという。防犯カメラの映像を時系列で並べてみれば、男が犯人であることは歴然だが、よりにもよってカメラだらけのフジテレビに逃げ込むとはなんとも間抜けな話である。

   小倉「だからなんなのっていわれればそれまでなんですが、現金強奪犯をフジの警備員が取り押えた」

   笠井信輔キャスターが「私の警備員経験からいうと」と話し出した。「えっ」という表情の菊川怜キャスター。「学生時代に警備員のアルバイトをやっていて、その時教えられたのは、不審者を見たら通報して逃げなさいだった。警備員のけがとか死亡は大きなことなので、へたな正義感で賊に突入していくなというわけです」

   小倉「ただ、フジの警備の方は男が強盗だとはわかっていないから、不審者が局内に入ったとなれば当然追いかけるでしょう」

   防犯カメラ映像だと一部始終がよくわかるが、これはあくまで後の話。リアルタイムにはやっぱり警備員の目と脚力、人間力になるのかな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中