「海猿」作者の佐藤秀峰、「フジテレビは信頼できない」と絶縁を宣言

印刷

   「海猿」、「ブラックジャックによろしく」などで知られる漫画家の佐藤秀峰は「フジテレビと絶縁する」と10月26日(2012年)のツイッターで宣言した。

   佐藤は映画「海猿」の関連書籍が契約書のないまま販売されていることを知り、「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」とツイートした。今後、「海猿」の続編などがフジテレビで製作されることは「絶対にありません」という。

   またフジテレビが過去に、佐藤の事務所にアポなし取材で訪問したことにも触れ「お会いして謝罪したいとも言われてるが、会いたくねーよ」と怒りをあらわにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中