長嶋一茂そりゃ歯切れ悪いわな「ルール違反じゃない」日本シリーズ巨人・加藤の死球のふり

印刷

   「王手をかけましたね、あと1勝」と羽鳥慎一キャスターが言う。今季のプロ野球日本一を決める大読売巨人対日本ハムの日本シリーズ(先に4勝したほうが優勝)できのう(2012年11月1日)巨人が勝って、対戦成績を3勝2敗とした。つねにバランスを心がける羽鳥は「でも日ハムもまだまだこれからですね」と取って付ける。

ボール当たっているのはキャッチャーのミット

   さて、その戦いのさなか、重大な「疑惑の判定」があったというので、これが「モーニングバード!」の話題となった。4回の巨人の攻撃で、日ハム投手が打者の体の近くへボールを投げ、ボールは何かに当たって跳ね上がり、打者は倒れ込み、頭を押さえて痛がるような仕草をした。巨人・原監督のアピール後、審判は打者の頭部への危険な死球があったとジャッジし、投手を退場とした。

審判の尊厳

   ところが、スローVTRを見ると、ボールは打者の体には当たっていず、捕手のミットに当たったように見える、というわけだ。さしものバランサー羽鳥もここは「(当たったのは)ミットじゃないですか。一茂さん、これ(打者に)当たってないですよね」と黒白つけながら、コメンテイターの長嶋一茂(スポーツキャスター)に話しかけた。

   しかし、長嶋は「こういうのはいつも議論になるが、肉眼の限界ってありますよね。審判の尊厳をどこまで尊重するか」「僕が見た感じでは何かに当たった音はする」などと歯切れが悪かった。

   普段、野球に興味のなさそうなコメンテイターの吉永みち子(作家)が「本人が頭痛そうにしてると、(頭に)当たったと思っちゃいますよね」と口を挟むと、長嶋は「自分は当たったとアピールをするのは、別にルール違反ではないので」と言いながら、なにやら不愉快そうではあった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中