「万里の長城」遭難―3年前の大雪山事故と同じ会社!今回も現地丸投げ

印刷

   中国・万里の長城で日本人観光客ら5人が遭難し、3人が死亡したツアーを企画した会社は、3年前に北海道大雪山系のトムラウシ山で8人が死亡した登山ツアーを企画したとの同じ「アミューズトラベル」(東京都千代田区)だった。教訓は生かされなかった。

下見せず、携帯不通話エリア、本社連絡もなし

   今回のツアーは全9日間の日程で民宿などに泊まりながら、7日かけて万里の長城を100キロ歩くという予定だった。観光写真では、万里の長城は城壁や通路がきれいに整備されて多くの観光客でにぎわっているが、このツアーは「知る人ぞ知る穴場的な万里の長城へご案内」という触れ込みで、整備されていない、普通の観光客が行かない、500年前そのままの状態の長城を歩くという企画で、一部の登山愛好家には人気のコースだったという。

安く切り上げ

   単なる物見遊山とは違い、それなりの準備と経験が必要だ。しかも、冬に差し掛かり寒さが厳しくなる時期で、現場周辺は52年ぶりの大雪で道路は寸断され、容易に近づけないほどだった。

   すぐ思い浮かぶのは、2009年7月のトムラウシ山の事故だ。同じアミューズトラベルが企画し、ツアー客・ガイド19人が遭難、うち8人が凍死した。20メートル以上の強風が吹き、体感温度は0度ぐらいに降下したとみられている。無事下山した男性は「中止すればいいのに。駄目だよ、強行しちゃ。みんなバタバタ倒れていった」と訴えていた。悪天候時の判断基準を設けていなかったなどの安全管理の不備が指摘され、51日間の一部業務停止命令を受けていた。

   今回の事故についてのアミューズトラベルの記者会見の内容をリポーターの西村綾子が整理して伝える。

(1)初めてのツアーにもかかわらず、社員・添乗員は下見していない。現地ガイドが下見に行ったかどうかは不明。

(2)ツアーのスケジュール進行に関して現地から問題なければ連絡しない。会社側は連絡なければ順調と判断。

(3)連絡手段は携帯電話。しかし、歩いているところは携帯電話が通じない場所だった。

(4)服装の指示はフリースとセーター。

前回事故の教訓生かさず「気象楽観、甘い事前準備指示、予定強行」重大責任

   司会の加藤浩次は「これでは安全管理が不十分だったと思いますが、まず疑問に思うのは、天気予報は把握できていたのでしょか。できていたのなら、なぜ行ったのか」と話す。

   コメンテーターのロバート・キャンベル(東大教授)「現地が気象情報を定時連絡して、スケジュールを決行するかどうかについて本社に判断を仰がなくてはならないが、それをしていない。安く切り上げようと、下見もせず現地に丸投げしていた」

   加藤「この会社は3年前にも事故を起こしていますね」

   弁護士の菊地幸夫は「3年前は夏山でしたが、今回は晩秋。現地を同じ緯度で日本に持ってくると、八甲田山とか十和田湖のあたりです。そこの山にフリ―スやセーターで行く人はいないですよ。事前の準備もできていない。装備の指示も甘い。であれば無理をしなければよかった。3年前の教訓が生きていない。同じミスを繰り返した。この会社の責任は非常に重大です」と厳しく断定した。

   きのう5日(2012年11月)、中国入りしたアミューズトラベルの板井克己社長が、報道陣の問いかけに一言も答えないまま現地へ向かう姿が画面に映し出されていたが、どう責任を感じているのか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中