3大学不認可を一転再審査―田中文科相に知恵つけたのだれ?

印刷

   新設3大学が不認可とされた問題で、田中真紀子文部科学相は6日(2012年11月)の会見で、「新基準で3大学を含め再審査」と修正に転じた。「大学の乱立に歯止めをかけて、教育の質を向上させたいというのが私の真意です。(志望生徒が)可愛そうじゃないかとか、急じゃないかというご意見があるが、それには当たりません。アクションがあってリアクションがある。承知の上で、覚悟の上で申し上げている」とあくまで強気だ。

   しかし、会見をいったんは終わらせたが、すぐに戻ってきて「肝心なことを言わなかったわ。新しい基準で3大学を含む再審査します」と表明した。

「総理からは『そのまま進めてください』と言われました」

   田中は「3月に許可してほしいと申請を出します。検討のすえ10月末か11月あたまに回答が出ます。それから年を越して4月に学校がスタートする。なのに、とっくにビルが建ち、教授も確保されている。これ極めて不自然だと思っているんですよ。どこからサインが出ていたんですかね」と、申請から認可までの流れの不自然さも指摘した。記者から「総理から何か話は?」と問われ、「『そのまま進めて下さい』とのお言葉を直に頂いています」と言い切った。

訴訟になる

   スタジオに出演した札幌保健医療大学(仮称)の吉田松雄理事長は「腹立たしいですね。われわれは現行制度のもとで文科省の厳しい指導を受けながら取り組んできた。本当は1年前の今年4月開講予定だったが、教員が一人足りなくて1年延ばしたんですよ」と怒る。大学を増やすことと質の低下は一概に結び付かない別次元の話。ズバリ言わせてもらえば、たびたび物議を醸してきた田中文科相がどこの有名大学を卒業したか知らないが、既存の大学を卒業してもこの程度…。

「真紀子の独り言」で済ませる官僚のシナリオ

   それにしてもこの「修正」の知恵を誰が考えたのか。3年間行政訴訟を勉強したという弁護士の若狭勝(元東京地検特捜部副部長)は、「法律的に意味があって、一連のことは真紀子さんの『独り言』で処理しようしている。つまり、まだちゃんとした不認可の処分はしていないことにした。処分をすれば訴訟になるので、官僚が知恵をつけたのだと思う」と話す。

   これに片山善博(元総務相)が「官僚も大変ですね、後始末が」とタメ息をついた。この騒動まだ続きそうである。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中