大友康平が突発性難聴「片耳の聴力回復せず。歌うことに支障ありません」

印刷

   歌手の大友康平(56)は突発性難聴にかかっていたと11月7日(2012年)に自身のブログで明かした。東日本大震災の数か月後に発症し、手術はしたが片耳の聴力は回復していないという。

   大友は「現実をしっかり受け止め、『それ』と正面から付き合うことにした」と発症後もライブやレコーディングを行ったと語る。歌うことに支障がないことが分かり、「歌を唄える喜び、その歌を聴いてくれる人がいる幸せ、そして、その歌が少しでも人のこころに明かりを灯すことが出来るという充実感」をファンから教わったと大友はつづっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中