「スピリチュアル商法」占い師が教える騙しの手口―このひと言で客はコロッ!

印刷

   パワーストーンや霊感占いのトラブルが続いている。塚原泰介アナが報告によると、「国民生活センターに寄せられる開運商法などでのトラブルは毎年3000件以上になります。相談者の9割が女性で、『自分は騙されない』と思っている人の方が騙されやすいスピリチュアル商法を、きょうは騙す側からの『騙しの手口』を公開します」

無料カウンセリングで個人情報収集

   B子さんは霊感商法で300万円の被害にあった。夫の解雇や交通事故の後に開運ブレスレットを1万円で買うと、商品の説明書に電話を入れて欲しいとある。電話で無料のカウンセリングと称して1時間半も話した後に、無料の霊視をするから写真をメールしてくれと男に言われた。夕方、男から電話があり、「写真では自縛霊と生首が見える。5年前と7年前に何かあったのではありませんか。除霊を90万円でしてあげる」と言う。そのときは断ったが、たしかに5年前にB子さんは原因不明の足の痛みに悩まされていた。見事に言い当てられたと思い、結局、90万円の除霊をした。そして、次には100万円の水晶とエスカレートしていった。

   塚原アナ「ポイントは初めの無料カウンセリングの1時間半です。この会話の中で、男はB子さんの個人情報を引き出しています。B子さんは7年前に結婚、5年前に出産しています」

   山口貴士弁護士が解説する。「相談者本人の履歴もさることながら、悪質な件では、夫、親、子供などを持ち出して不安感や恐怖感を煽ります」

「前世では特別な存在だったのに、いま不遇なのは天命なんです」で簡単に落ちる

   10年で1000万円以上を荒稼ぎしていた占い師は言う。「あなたの兄弟は3人ですねと言ってしまうんです。いえ2人ですと相談者が言っても、『いいえ、お母さんに聞いてみたらどうですか、水子か中絶でもう一人いるはずです。兄弟の数は霊能トークではハズレはありません』といえば、相手はコロッと引っ掛かります。

   もう一つ、前世では特別な存在だったという物語を作ってあげて、いまが不遇なのは実は天命なんですよと言えばお客は簡単に落ちます」

   山口弁護士は「とにかく即断即決は行わない。またこれは内緒の話で人には言わないようにというのも注意して下さい」と話す。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中