野田「正面突破」に安倍気合い負け「よろしいんですね。約束ですね」とアタフタ

印刷

   まさに大芝居だった。きのう14日(2012年11月)に 開かれた党首討論で、自民党の安倍総裁がジョークを交えて「約束」を迫ったのに対し、野田首相はニコリともせず「16日に解散をします。やりましょう」と迫った。いつもはヤジで騒々しい委員会室がシーンと静まり返った。

虚を突かれた「維新」「みんな」「太陽」第3極間に合わず?

   安倍は「約束は8月。間もなくクリスマスだ。期限は過ぎている」と言うと、野田は「小学校で通知表を持って帰ったとき、成績が下がっていたので、親父に怒られると思いました。が、親父はなぜか頭をなでてくれた。(通知表には)正直の上にバカがつくと書いてありました」と、これがジャブだった。

党首討論でねえ…

   声を張り上げて、「何としても1票の格差と定数削減を今国会中に実現する。約束していただければ、きょう『近い将来』を具体的に提示させていただく」と、ここまではある程度予想されていたけれど、続いて「『近いうち』にウソはありません。特例公債法案、1票の格差と定数是正、これを早期に成立させると安倍総裁の確約をいただくなら、私は今週末の16日に解散をしてもいいと思ってます」といった。

   「私たちはすでに選挙公約で約束してます」という安倍に、野田は「協力してやりましょうよ。後ろに区切りを付けて結論を出そう。16日に解散します。やりましょう」。これに安倍は「約束ですね、約束ですね、よろしいですね、よろしいですね。国民に委ねましょう。どちらが政権にふさわしいか」と慌てぶりがありありと見えた。野田はさらに追い討ち。「覚悟のない自民党に政権は戻さない。その覚悟でわれわれもがんばります」。これで勝負あった。先手をとった気合いだ。それが必勝となるのかどうか。

   そして、12月4日公示、16日投票が決まった。 自民の石破幹事長は「協力する」。哀れをとどめたのは民主党の解散反対派だ。輿石幹事長は「総理の専権事項だからいいんじゃないですか」と平静を装ったが、「総理から16日と聞いていたか」と聞かれると「あんたにいう必要はない」。鳩山由紀夫元首相は「ご自身の、あるいは党執行部のみの発想。党がどうであろうと、国民がどうであろうとおかまいなし」。TPP反対の山田正彦元農水相は「これでは民主党の中では戦えない」。離党する議員が出るとの観測につながる。 小沢鋭仁元環境相は日本維新の会への鞍替えを発表したが、さて当選の見通しはあるのか。

   その維新の会の橋下徹代表は「人生1回こっきりの大勝負。全ての力を出し尽くします」。みんなの党の渡辺喜美代表は「受けて立つ」。太陽の党と減税日本は合併にこぎ着けたが、政策でみるとバラバラだ。第3極といえるまでになっていない。ここらが野田の狙い目だったのか。

迫力あった!内閣支持率大幅アップ

   司会の小倉智昭が「意外な解散の導き方になった。歴史に残る党首討論ですかね」

   田崎史郎(時事通信解説委員)「あそこまでは読み切れなかった」

   小倉「民主党のだれもできなかった消費増税と定数削減をやったことになる」

   田﨑「総理大臣は評価され内閣支持率はアップするだろうが、民主党がどうなるか。バタバタしてたらダメ」

   小倉「きのうに関していえば、安倍さんの方が劣勢に見えた」

   田中雅子(経営コンサルタント)「野田さん、もう1年くらいという気になりましたよね(笑い)」

   といって内閣支持率・不支持率が逆転まではいくまい。田﨑は「不支持が支持の3倍ですからね。しかし、きのうは迫力があった」

   要はウロウロしたらダメ。国会にいてもらっては困る議員を追い出す選挙という視点があってもいい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中